2012年05月19日

『ダーク・シャドウ』を鑑賞

本日はひさびさに映画へε===г( ゚∀゚)」
ジョニー・デップとティム・バートンのコンビということで朝から行ってきた…

ということで内容は…

コリンズ家はイギリスからアメリカへと発展のために海を渡った…
バーナバス・コリンズの両親は事業に成功し、コリンズ家は繁栄する…
が使用人として勤めていたアンジェリーク・ボーチャードはバーナバスに幼き頃から一途に恋をする…
しかしバーナバスはアンジェリークには恋心はなく、ジョゼット・デュプレと恋に落ちる…
嫉妬に燃えるアンジェリークは魔術で両親を殺害し、ジョゼットにも呪いをかけ岬から自殺させる…
自殺を止めようとするがバーナバスはまにあわず絶望から同じ岬から飛び降りるが…





バーナバスはアンジェリークの魔術により吸血鬼に変貌を遂げていた…
恋人を失った苦しみを与えるだけでは気がすまないアンジェリークは村人を先導し、バーナバスを棺に押し込め地中に埋める…





200年の時は経ちコリンズ家は没落する…
そこへジョゼットにそっくりなヴィクトリアが子孫であるデヴィッド・コリンズの家庭教師としてコリンズ家へとやってくる…
時を同じくして工事中に偶然バーナバス・コリンズの棺を発見され再びバーナバスは自由の身に…
再びコリンズ家に戻ったバーナバスは没落した家の建て直しをはかるが、そこには姿を変えたアンジェリークが再び現れる…
バーナバスは再びコリンズ家を立て直せるのか?そして再び人間へと戻れるのか?この続きは劇場で…



ということであらすじ?終了…
なんかダラダラ書いてしもうたorz
毎回の事ながら、あらすじまとめる文才が欲しい今日この頃(;´Д`)

感想はいたって普通ぽい感じかな?
所々にギャグ的ものを入れながら、吸血鬼対魔女のストーリーが展開していくって感じ…
最後は『ほうほう』って感じで終わったけど、予想の範疇から飛び出すことはなかった…

…っと映画の内容的には普通なので感想はこんなもんやけど、久々に行ったら隣でポップコーンをむしゃむしゃ食われ若干気が散る(-_-;
そして自分的にはスルーしていたギャグ的な部分で隣が爆笑したりで、若干映画に集中できずorz
朝イチで行けばそんなことないと思っていたけど、ジョニー・デップ人気をなめとりました(T^T)
まぁ〜食うなとか笑うなって言うのは無理なんで今回は運が悪かったとあきらめます(笑)



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 22:35| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする