2013年07月07日

『ワイルド・スピード EURO MISSION』を鑑賞

昨日公開されたワイルド・スピードの最新作をさっそく観てきましたε===г( ゚∀゚)」
このシリーズかなり好き♪
エンジン音とか聞いてるとテンション上がります(笑)

ということで内容は…

リオで犯罪王から大金を奪い取ったドミニクや仲間たち…
それぞれ逃亡先で優雅に暮らしていた…
そんなドミニクの下へFBI特別捜査官のホブスが現れる…
そこで見せられた資料に亡くなったはずのレティの写真が…
国際的に大きな犯罪を犯しているグループにその姿があった…

ドミニクは義理の弟ブライアン・オコナーへこの話をもちこむ…
ブライアンはレティは生きているはずはないと言う…
しかしドミニクはレティが生きていることを信じ、昔のファミリーに集合をかけロンドンへ降り立つ…

再びロンドンの地で終結したメンバー…
FBI特別捜査官のホブスから事件の協力を要請される…
ドミニクはメンバー全員の恩赦を条件に今回の捜査に協力する…

果たしてレティは生きているのか?犯罪組織の目的はなんなのか?







続きは劇場で…(=゜ω゜)ノ

まぁ〜1日経ったら若干記憶力が…orz
でもかなりおもろくて、時間が過ぎるのが結構早かったかな?
このシリーズ回をおうごとに徐々にアクションが派手派手になってきて、車のレースシーンが少なくなっているのが寂しいところ…
カーアクションという点ではドッカン&ドッカンやけどね(笑)

あいかわらずポール・ウォーカーがGT-R乗っているのは嬉しいね♪
そしてヴィン・ディーゼルはアメ車…
ほかにもいっぱい車出てきて、いっぱい大破する感じは相変わらず(笑)
しかし今回の最後は『マジ?』ってなりました…
自分の見間違えでなければ、あのシリーズで主役をしているあの方が登場(謎)
まぁ〜見たらわかるけど、ちょっと驚いた(o´ω`o)

ということでまだまだワイルド・スピードシリーズは次作も見たいと思っているCHROMEでした(=゜ω゜)ノ



個人評価:☆☆☆☆
posted by CHROME at 21:52| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする