2013年01月04日

『007 スカイフォール』を鑑賞

昨日の続きは延期して本日は映画の紹介♪
久々に中爺がこちらに戻ってきたので見に行くことにε===г( ゚∀゚)」

ということで内容は…

007のコードネームを持つイギリス敏腕諜報員ジェームズ・ボンド…
NATO諜報部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵を捉えるためにボンドはイヴと犯人を追いつめる…
しかし監視圏外にさしかかる場所でボンドと犯人はもみ合いになる…
上司Mより監視圏外に出る前にイヴに銃撃命令がでる…
イヴはボンドに当たる可能性があると訴えるが、Mは早く撃てと命令をしイヴは撃つが…







銃撃はボンドに当たり、ボンドは川へと転落してしまう…

Mはボンドが死亡したとして、あと処理をおこなう…
そんな中奪われたハードドライブよりNATO諜報部員の情報が漏洩し、Mは責任に問われることになる…
Mが査問会ののち本部へ戻ろうとするが、本部は犯人により爆破されてしまう…
その情報をとある先で知った男がいた…







ということで続きはまだやっている劇場で…(=゜ω゜)ノ

はい…
いつもどおり途中であれやこれやと書こうと思うもまとめきれずorz
なんだかあっちこっちに同時進行で展開していくような作品は文字にすると全然まとまらないわけで…
まぁ〜でも007シリーズではかなり重要な位置づけになる作品ではあるかと…
あと作品中はそうだろうな?と思っていると大体あっていた(謎)

そんなこんなで結構ダニエル・クレイグの007は敬遠気味だけど観て良かったかな?
まぁ〜次作観るかわからんけどね〜



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 21:55| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

『リンカーン/秘密の書(3D)』を鑑賞

3Dでの公開が多いので、3Dの字幕で鑑賞♪
一応見たかった映画だったのでさっそく行って来たε===г( ゚∀゚)」

ということで内容は…

エイブラハム・リンカーンは貧家に生まれた…
幼き日のエイブラハムは奴隷であるウィル・ジョンソンを助けようとするが返り討ちにあう…
危うく命を落としそうになるが、エイブラハムとウィルは父に助けられる…
しかし実業家であり奴隷商人であるジャック・ロバーツから父は意味深な発言を言われる…

その夜、2段ベットの上でエイブラハムは日記をつけていると、何物かが家に入ってくる姿が…
下に寝ている母の元へ何物かが忍び寄る…
ベットの隙間から恐る恐る見るとそこにはジャック・ロバーツの姿が…
翌朝エイブラハムは目覚めると母が原因不明の病気になっていた…
医者にも原因不明の症状と言われ、そのまま母は死去してしまう…

母が死去した後、別の地にて父と生活していたエイブラハムは青年になる…
父も死去して母を殺した奴隷商人であるジャック・ロバーツに復讐するために幼き日に過ごした町に戻る…
酒場で酒をあおっていると、ヘンリー・スタージスに声をかけられる…
無視し、そのままジャック・ロバーツを暗殺する為に潜む…

ジャック・ロバーツが一人なったところで、拳銃で暗殺しようとするが弾を落とし一転窮地に…
弾を拾いなんとか復讐を果たしたエイブラハムだが…
振り返ると奴隷商人であるジャック・ロバーツの遺体がない…
するといきなり襲われ、窮地にたたされるがヘンリー・スタージス助けられる…

翌朝、目が覚めたエイブラハムはヘンリーよりジャック・ロバーツがヴァンパイアだと知る…
復讐を果たす為にヘンリーよりヴァンパイアの討伐する為の修行にはいるが…







この後は劇場で(´∇`*)モヘ

めっちゃ長文になってもうたorz
結論的には若き日はヴァンパイアと戦い、奴隷解放のために武器を置いて演説して大統領になり、南北戦争でヴァンパイアとの決戦って感じ…

まぁ〜全体的にあんまりあきもせず見れたかな?
役者はほとんど知らない人ばかりでしたが、ティム・バートンがプロデューサー…
そんな感じです( ´∀`)



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 20:29| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

『ボーン・レガシー』を鑑賞

昨日の朝に鑑賞♪
ボーンシリーズの続編ってことで観てきました(´∇`*)モヘ

ということで内容は…

CIA極秘プログラムから生みだされた最強の暗殺者ジェイソン・ボーン…
ジェイソン・ボーンは記憶を求め、さらに原因を作った組織と戦う…
ボーンは新聞記者のサイモン・ロスに公に計画をさらすことを託すが駅を出たところで暗殺されてしまう…

時を同じくして別の計画が進行していた…
アウトカム計画の一部である暗殺者アーロン・クロス…
ジェイソン・ボーンの行動により、白日の下のさらされそうになったトレッドストーン計画…
各計画の発覚を恐れた上層部は計画の中断を実施…
任務中だった暗殺者たちは次々と処分されてしまう…







ま、まったくまとめきれねぇ〜(;´Д`)
か、噛み砕けないorz
考えてもあれやこれやと絡まりすぎて、解きほぐして文字にしようとすると『ありゃ?おへぇ?』とかなって脳みそが耳から出だしたので中止です(笑)
なんでちょっと自分の疑問に思ったとこも記載♪

ストーリーはマット・デイモンのボーンシリーズから数日後って感じ…
アーロンが最初雪山で修行?してたり、山越えして暗殺されてしまうキャラと出会うんやけど、そこがいまいちようわからん…
アーロンは常に2種類の薬飲まないと常人になるようで、薬なくしたって言って他の暗殺者と会うけど、会う前に少量の薬隠してたりしていまいち自分的には『???』でした(^^;
潜入するわけでもなく雪山で修行しているのも『なんで?』とか思っとりました…

そして一緒に逃げるマルタ・シェアリング博士も研究所内で同僚に殺されかけるけど…
その後、同僚が薬によって操られた?とか言ってたけど、そのへん描かれてなくて、いきなりそうなったように見えたので、自分的にはそこも『???』でした…



ということで映画記事?的なものを書き始めてから一番まとめれない映画でした(-_-;
トランスポーターシリーズやワイルド・スピードシリーズもそうやけど、前作から布石的にやる映画はまとめる量が膨大すぎてちょっと自分の文才では無理かも…ってことを実感しました(T^T)
もしくはちゃんと見に行く前に全部見て頭を整理しないと難しいね…

内容的には終始アクションで見ていて普通かな?
次のボーンシリーズが公開されれば、自分の評価は変わるかもしれんけどね(´∇`*)モヘ
ということで限りなく☆2に近いこの結果です…



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

『ハンガー・ゲーム』を鑑賞

昨日の朝に鑑賞♪
人気小説の映画化ってことで観てきた(´∇`*)モヘ

ということで内容は…

富裕層が支配する未来…
貧しい12の地区から12歳から18歳までの少年少女を集め、最後の1人なるまで殺しあう…
そのゲームの名がハンガー・ゲーム…

姉カットニス・エバディーンと妹プリム・エバディーンは12地区で貧しい暮らしをしていた…
第74回ハンガー・ゲームの出場者を選ぶその日妹プリムは選ばれる夢を見た…
姉カットニスは泣き叫ぶ妹プリムに『なにがあっても私が守る』となだめる…
そしてハンガー・ゲームの出場者を決める場にて、抽選で名が呼ばれたのは…
妹プリム・エバディーン…
連れて行かれる妹を見て、とっさに姉カットニスは妹プリムの変わりに出場を申し出る…

各12地区から集められた少年・少女の24名…
出場者は1箇所に集められ豪勢な食事に居住を与えられ、生き残る為の訓練に励むことになる…
生き残った1人が勝者…
姉カットニス・エバディーンは勝者となり妹の下へと帰れるのか…







この後は劇場で(´∇`*)モヘ

ポイント使ったので今回はただ映画でした(´、ゝ`)ニヤリ
ほんとの映画好き?ばかりなのか、朝から行ったら自分も含めほぼお一人様ばかりやった…
そして好きな映画である中世モノがちょっと入っているかな?と思ったけどまったく入ってなかった(笑)

内容的には単純なサバイバル?やったので、いたって普通かな?
どんどんキャラ減ってくけど、時間的な問題からか全員の召されるシーンはなかったかと…
まぁ〜正確に数えたわけではないので全員召されてたかもしれんけどね(^^ゞ
個人的に最後までめっちゃ盛上がる感じでもなく、途中から『次作もあるんちゃう?』と疑ったら…







ほうほう〜って感じでした(意味深?)
まぁ〜そんなこんなで可もなく不可もなくって感じでした(=゜ω゜)ノ



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

『バイオハザードV:リトリビューション(3D)』を鑑賞

今回はひさびさの3Dの字幕で鑑賞(´∇`*)モヘ
たぶんこのシリーズは劇場では初?鑑賞♪

ということで内容は…

アルカディアにてウェスカーを倒し囚われの人々を解放したアリス…
しかしジル率いるアンブレラ社の襲撃により再び囚われの身になってしまう…

アンブレラ社にて拷問をうけていたアリスだが、突然なにものかによりコンピューターがダウンされ開放される…
外へと出たアリスだが人の気配はない…
すると突然アナウンスとともに人の姿が…

場所は渋谷のスクランブル交差点…
次々と人が通り過ぎる中、アリスとすれちがった女性がいきなり男性に襲い掛かる…
それを合図に次々とアリスに襲い掛かるアンデット達が…
再び囚われていたアンブレラ社に逃走しながらも戻り、次々アンデット達を撃退していくアリス…
そしてアンブレラ社の中で現在の状況を驚くべき人物より聞くことになるのだが…







はい…
超序盤?的な感じを書いてみた(人´∀`)
なんせどっかんどっかんって感じであり、撃ちまくりやしアリスはWで弱なったはずなのに相変わらず超人的(笑)
いろいろ疑問に思うところもありありやけど、そっと蓋をしたのはいうまでもなし…

ちょっと書くと、ショットガンでコインぶっ放すやつはWからもあったけど、あれ1発撃ったら銃身爆裂せんのかな?っと…
綺麗に詰めていたとしてもちょっとどうやろ?とか思った…
映画やから気にしたらあかんのかも知れんけど気になったので書いてみた(笑)
あとは中島美嘉がアンデット役でちょろっと頑張っていた♪
まぁ〜最終的にはアリスに顔を銃で撃たれてたけどね( ´∀`)

とういことで上映時間は96分ながら結構楽しめたかと…
昔出ていたキャラもわさわさ出てきたり、なんで生きてるん?的なやつもいたりで、最後は『うん…わかっていたでそうなることは…』って感じでした…



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする