2012年05月28日

『MIB3(3D)』を鑑賞

MIB3ことメン・イン・ブラック3の3Dを鑑賞♪
久々の新作であるMIB3…
1作目と2作目の両方とも見ているから…ってことで『行こうかな?』ってなった(^^;

ということで内容は…

相変わらずコンビを続けて宇宙人問題に対処しているKとJ…
しかしZは既に亡くなり、新たに上司にOが就任…
そんな時に40年前にKが捕まえた宇宙人が月にある宇宙刑務所から脱獄する…
Kに恨みをもつ宇宙人は40年前に戻り、若かりし頃のKを殺すことを計画する…

いっぽうのKは脱獄したことを知り、Jには説明せず自分ひとりで対処しようとするが…
Kは考えたあげく事情を説明しようとJに連絡するが、説明できぬままJに電話を切られる…
電話を切った直後にJは謎の頭痛におそわれる…

翌日あらためてKに話を聞こうとするJは本部でKをさがすが、そこでOより驚くべき事実を聞かされる…
Kは40年前に亡くなっていると…
JはKを救うために40年前にタイムスリップを試みる…

果たしてJはKを救うことができるのか?続きは劇場で…



ということでザックリ書くとこんな感じかな?
1作目と2作目とは違いあんまり笑い的なとこはなく、テンポもよく進んでいくので観ていて時間が経つのが早かった(´∇`*)モヘ
そして何より最後に『そうきたか〜』ってなり、映画館なのにちょっと涙腺がやばくなりました(笑)
まぁ〜ありきたりとはいえ、KとJの関係がより親密に描かれていて自分的には観にいって良かったと思っとります♪

あ!
あとKが捕まえていた宇宙人の名前をわすれたので、宇宙人としてしまった…
なんとか星人って書かんといまいち締りがないのはちょっと反省orz



個人評価:☆☆☆☆
posted by CHROME at 19:00| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

『ダーク・シャドウ』を鑑賞

本日はひさびさに映画へε===г( ゚∀゚)」
ジョニー・デップとティム・バートンのコンビということで朝から行ってきた…

ということで内容は…

コリンズ家はイギリスからアメリカへと発展のために海を渡った…
バーナバス・コリンズの両親は事業に成功し、コリンズ家は繁栄する…
が使用人として勤めていたアンジェリーク・ボーチャードはバーナバスに幼き頃から一途に恋をする…
しかしバーナバスはアンジェリークには恋心はなく、ジョゼット・デュプレと恋に落ちる…
嫉妬に燃えるアンジェリークは魔術で両親を殺害し、ジョゼットにも呪いをかけ岬から自殺させる…
自殺を止めようとするがバーナバスはまにあわず絶望から同じ岬から飛び降りるが…





バーナバスはアンジェリークの魔術により吸血鬼に変貌を遂げていた…
恋人を失った苦しみを与えるだけでは気がすまないアンジェリークは村人を先導し、バーナバスを棺に押し込め地中に埋める…





200年の時は経ちコリンズ家は没落する…
そこへジョゼットにそっくりなヴィクトリアが子孫であるデヴィッド・コリンズの家庭教師としてコリンズ家へとやってくる…
時を同じくして工事中に偶然バーナバス・コリンズの棺を発見され再びバーナバスは自由の身に…
再びコリンズ家に戻ったバーナバスは没落した家の建て直しをはかるが、そこには姿を変えたアンジェリークが再び現れる…
バーナバスは再びコリンズ家を立て直せるのか?そして再び人間へと戻れるのか?この続きは劇場で…



ということであらすじ?終了…
なんかダラダラ書いてしもうたorz
毎回の事ながら、あらすじまとめる文才が欲しい今日この頃(;´Д`)

感想はいたって普通ぽい感じかな?
所々にギャグ的ものを入れながら、吸血鬼対魔女のストーリーが展開していくって感じ…
最後は『ほうほう』って感じで終わったけど、予想の範疇から飛び出すことはなかった…

…っと映画の内容的には普通なので感想はこんなもんやけど、久々に行ったら隣でポップコーンをむしゃむしゃ食われ若干気が散る(-_-;
そして自分的にはスルーしていたギャグ的な部分で隣が爆笑したりで、若干映画に集中できずorz
朝イチで行けばそんなことないと思っていたけど、ジョニー・デップ人気をなめとりました(T^T)
まぁ〜食うなとか笑うなって言うのは無理なんで今回は運が悪かったとあきらめます(笑)



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 22:35| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

『ドラゴン・タトゥーの女』を鑑賞

昨日ひさびさに映画館へε===г( ゚∀゚)」
何故見に行ったかというと、監督が『セブン』のデヴィッド・フィンチャーだから(笑)

ということで内容は…

月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正を暴くも、裁判に負けた雑誌記者ミカエル…
そんな彼の元へとある大物実業家から一族で起こった40年前の少女失踪事件の調査を依頼される…
いったんは断ろうとするも、話を聞くうちに興味が出てきたミカエルは調査を開始…
失踪事件を調べるうちに連続殺人事件にたどりついたミカエルは、裁判に負けるきっかけを作った天才ハッカーのリスベットにも調査協力を要請…
そこからいっきょに連続殺人事件と少女失踪事件の真相へ近づいていくが…







ということでこんな感じか?
感想はまず主演が007ボンド役であるダニエル・クレイグ…
若干違和感あるも途中からは気にならず(笑)
というか実業家家族の名前が出てきすぎて、誰が誰だかさっぱりわからないorz
一応説明があるも何回か見ないと脳みそには入らんかも(-_-;
んで一方のヒロインであるルーニー・マーラ…
かなりいっている役を見事にこなしていたかと(´−ω−)

一応グロイとこもあるので、R-15がついていたんやけど…
個人的にはそれほどグロくなかったかな?
ひっかかったのは濃厚ラブシーンの方みたいで、そこそこ映画館で映画を見るけど初めてモザイク見たわ(笑)
まぁ〜日本で上演するとなると、局部が写っていたらまずいからそら処理されるわな(;´Д`)

ということで事件の真相と最後のどんでん返しが切なくなる感じの映画でした(=゜ω゜)ノ



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 21:46| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D)』を鑑賞

なんども映画化されている三銃士を目覚めれたので、朝から行ってきたε===г( ゚∀゚)」

ということで内容は…

アトス、ポルトス、アラミスの三銃士は祖国フランスの為、飛行船の設計図を手に入れるために奔走…
障害を謎の女性であるミレディとともに乗り越え、無事飛行船の設計図を手に入れる…
しかしミレディはバッキンガム公爵のスパイであり、アトス、ポルトス、アラミスの三銃士は薬を飲まされ、飛行船の設計図を奪われる…

いっぽうダルタニアンは元銃士である父のもと、銃士になるための修行を終えパリへと旅立つ…
そんな時、些細なことからアトス、ポルトス、アラミスの三銃士に決闘を申し込むことに…
決闘を開始しようとした時、ロシュフォールの部隊に囲まれる三銃士とダルタニアン…
4対40という数の差にも負けず退けるが…

その後、フランス国王側近が国王の座を狙い、二重スパイのミレディを使い王妃の首飾りを奪う…
首飾りを取り返すため、三銃士とダルタニアンはイギリスへ向かうことになるが…









ということで相変わらずまとめれずorz
短くしようと思ったら長くなり、短くしようと思ったら長くなる…
文才なし(;´Д`)

さて注目は謎の女性ミレディを演じた、ミラ・ジョヴォヴィッチと初の悪役バッキンガム公爵を演じたオーランド・ブルーム♪
2人の存在感がありすぎるので、若干三銃士とダルタニアンの役者のパンチ力不足は否めない(笑)
しかし内容は上の文章よりもわかりやすく、展開はめまぐるしい♪

見ている途中から『オーランド・ブルームどうなった?』って思い出したら、だんだんクライマックスらしきとこまでいく…
『ほったらかしか?』とか思ったら最後に『そういうことね〜』と思わされた(´∇`*)モヘ
人気があれば次作も作りそうな感じで終わったので、次回もあれば見ようかな?って感じ…
まぁ〜なんだかんだで3Dで見たけど、2Dでもええかな?って感じの作品でした(=゜ω゜)ノ



個人評価:☆☆☆
posted by CHROME at 22:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

『ワイルド・スピード MEGA MAX』を鑑賞

久々の1人映画…
そうしてでも観たかった『ワイルド・スピード MEGA MAX』…
何作か観てないのに行ってきたε===г( ゚∀゚)」

ということで内容は…

逮捕されたドミニクを妹ミアとブライアンで鮮やかに救出…
その後逃亡先のブラジルにて金を稼ぐ為に、裏社会で超高級車の強奪を試みる…
しかしその車には裏で町を支配する人物の裏金の隠し場所のデータがあった…

そん中ドミニク、ミア、ブライアンを逮捕するために連邦捜査官ルークのチームがブラジル入り…
ルークと裏金に支配された警察全体からも追われながらも何とか逃れる…
その先でミアから妊娠の報告が…
ドミニクとブライアンは逃げ切る人生に別れを告げ、新たな人生を歩む為に歴代の仲間とともに裏金の強奪を目論むが…










まとめきれずorz

いや〜それにしても何作か見れてないけど、このシリーズやっぱりおもしろいねぇ〜♪
製作に180億?かかったとか見たような気がするけど、あんだけ町破壊すれば修理費に金かかるやろ…って途中から思ってしまったぐらいドハデ(笑)
しかもいままでの作品に出ていたキャラもいろいろ出てきて、おぉ〜とか思っていた♪
そしてなによりしばらく気づかなかったけど、ザ・ロックも連邦捜査官ルーク役で登場〜
スキンヘッドに髭もじゃだったもんで全然気づかず(笑)
ヴィン・ディーゼルもごつい体してるけど、ザ・ロックと並ぶと小さく見えるのには驚きやったわ(^^ゞ

今回で初回からずっと主人公だったポール・ウォーカーが最終っぽい…
しかしエンディング間近では次作もありそうな感じやったので次は誰が出るのかな?
できればポール・ウォーカーは出続けて欲しいんやけどねぇ〜(人´∀`)




個人評価:☆☆☆☆
posted by CHROME at 01:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする